AdNote(アドノート)広告運用支援ツール

導入事例

株式会社エイトレッド様 AdNote導入事例

CV数 2倍インプレッション数 24倍

ネット広告からの法人リードが2倍以上に。社内の広告運用スキルを短期間で引き上げた『AdNote』導入プロジェクト

従来と同等の広告予算でコンバージョン数が軽く2倍超え、インプレッション数は24倍へ。

株式会社エイトレッド様
経営戦略部 マーケティンググループ 課長 小澤 有希乃 様
経営戦略部 マーケティンググループ 高岡 美咲 様
経営戦略部 マーケティンググループ エバンジェリスト 渡辺 愛 様


事例のポイント

導入時のお悩み
代理店に広告運用を任せたら効果を生み出せず改善もできない状況が続いていた
活用方法
AdNoteを活用し自社でネット広告運用のPDCAを強化
AdNoteを選んだ理由
専門家ではなくても広告の成果と改善点がすぐにわかる
課題解決に向けた的確なコンサルティング力
導入効果
コンバージョン数で2倍以上の効果改善
ネット広告という新たな集客チャネルを社内に確立

−貴社の事業概要について教えていただけますか?

小澤様:弊社は、社内の手続きや申請を電子化するワークフローのシステムを開発・提供しています。展開する製品は、大企業様向けの「AgileWorks(アジャイルワークス)」と「X-point」、中小企業様向けのクラウドサービス「X-point Cloud」の3つで、これらワークフロー製品を開発するにあたって培ったノウハウを入れたワークフローの開発プラットフォーム「ATLED Work Platform」の事業も展開しています。汎用的なワークフローシステムのため社内業務に合わせた柔軟な構築ができるという点をお客様に高く評価いただいており、現在までに幅広い業種業態の企業様 約2,500社に導入いただいています。

−「AdNote」を導入する以前、マーケティングにどのような課題があったのでしょうか?

小澤様:弊社の製品ターゲットは、主に法人様向けの製品なのでネット広告を活用したマーケティングはまだ行っていませんでした。しかし、競合企業のネット広告活用による認知拡大施策の強化を踏まえ、弊社も遅れをとらないように2018年から広告代理店さんにお任せする形でネット広告を活用し始めました。主に広告インプレッション数(露出量)をKPIに認知拡大を目指していましたが、あまり良い成果を得ることが出来ずにいました。

施策がうまく行かなった理由を一言でいうと、“お互いの知識やノウハウ不足”といえるのかもしれません。私たちはネット広告の運用に関しては知識や経験がないといった状況でした。また、広告出稿・運用代行をお任せしていた代理店さんも、ネット広告に強いとは言えなかったのです。

−ブレインパッドと協業して「AdNote」を導入する決め手になったのは、どのような点でしょうか?

小澤様:広告代理店さんの変更を考えたのですが、そもそも私たちが広告リテラシーもないまま他社に依頼してもまた同じ様な状況に陥ってしまうのではないかと不安でした。

そんな中でブレインパッドさんと出会い、自分たちの広告運用の何がダメなのか、どうすれば改善できるのかを的確に指摘してくださいました。これまで何ヶ月も悩んでいたことがAdNoteとそれに付随するコンサルティング支援のおかげで、一度打ち合わせをしただけで解決できるような道筋をいくつも教えていただきました。

広告運用の全体設計の見直しや改善などのプランニングはブレインパッドさんにお任せしました。そして、実際の運用は引き続きブレインパッドさんにお任せしつつもAdNoteが運用状況の可視化・予算管理・自動入札の役割を担ってくれているので、私たちはAdNoteでレポートデータを分析しながら今後の戦略を考えたり、より良い広告の運用方法などを学んでいる状況です。AdNoteは広告知識が乏しい私たちにもわかりやすく判断がしやすいので助かります。

−「AdNote」を導入して、どのような効果がありましたか?

小澤様:ブレインパッドさんに任せて運用方法を改善したところ、これまでと同じ予算で広告インプレッション数は24倍、コンバージョン数(フォーム入力によるリード獲得)は2倍以上に増えました。施策内容も以前と一緒なのに、プランニングを工夫するだけでこんなに変わるのかというのが明らかにわかりました。

また、AdNoteではこれまでの運用レポートと今の運用レポートを比較して改善効果を検証できるため、上長へのレポートもしやすい点がいいですね。おかげで、いまでは広告予算が2倍になりました。なにより、上長の広告に対するイメージが改善され、ネット広告という新たな集客チャネルを社内に確立できたことは大変ありがたいです。

小澤様:正直ネット広告を実行運営するには、そもそも知識もないし人的リソースもないという理由で大変そうというのが始めた当初の印象でした。しかし、AdNoteを軸にしたブレインパッドさんのご支援のおかげで今では誰でも定常的な業務としてできそうだなという手応えを感じています。レポートの読み方や社内レポートの作成などは1ヶ月もあればマスターできると思います。

高岡様:AdNoteの広告レポートを見れば「いまコンバージョンはこれくらい」というネット広告の現在の状況が一発でわかるので、その進捗管理とシミュレーションのところを見れば「いまこれくらいで予算が使われていて、効果がこれくらい出ている」というのが初心者でも把握しやすいですね。

渡辺様:新しい広告文の作成にいまチャレンジしているところです。自分の考えた広告文がどれだけ成果に貢献できたのかがこれからAdNoteの広告レポートで見られると思うと、今からすごく楽しみです。

−これから、どのようなマーケティングを展開していきたいと考えていますか?

小澤様:ネット広告は即効性があるので、リアルタイムに色々なことができると考えています。例えば、イベントなどオフライン施策の集客で単発且つ特定の期間だけで広告を代理店に依頼すると、とても手間が掛かります。自社で広告運用できれば、より柔軟で即時性のある広告展開ができるのではないでしょうか。

渡辺がセミナーなどを開催することが多いので、「セミナーをやるから広告を打とう」と自分で集客ができるようになるといいですね。

ネット広告を開始する為のプランニングにはプロの力が必要だと思いますが、その後の広告運用はオペレーション作業になるのかとおもうので、AdNoteがその役割を担いつつ、広告運用にスピード感、リアルタイム性をもたせることも目標です。これまでの運用で成功・失敗の判断基準が生まれたので、予算投下の仕方や撤退すべき引き際が分かると思うんです。引き際がわかれば、チャレンジもしやすいと思います。